代表挨拶

スポーツで価値創造を図るべく、
大学における研究者(スポーツコーチング・ビジネスマネジメント専門)としての教育・研究活動と、企業における経営者(スポーツ組織・事業等)としての事業活動を統合的に実践。大学発のベンチャーや事業を多数輩出する等、“教育研究の成果を社会産業化する”産学連携の産業創出活動を行っている。

Waisportsジャパン

Good Sports Good Future !
株式会社Waisportsジャパン 代表取締役

松田裕雄
筑波大学

筑波大学体育系研究員(産学連携推進・創業支援プロジェクト代表)

◆ 体育学修士
◆ FIVB 国際バレーボール連盟公認コーチ  ステージⅡ
◆ 日本体育協会・日本バレーボール協会公認 上級コーチ
◆ 筑波大学リサーチユニット「スポーツ環境デザイン」幹事
◆ ㈶日本バレーボール協会強化事業本部員及び(一社)日本バレーボールリーグ機構リーグ運営幹事歴任
◆ 合同会社アスリートライフ顧問
◆ ㈱茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント顧問

1976年生まれ。
都立立川高校から法政大学、筑波大学大学院を経て、2002年筑波大学体育系の教員(バレーボールコーチング論)として教育研究活動に従事。
在職中前半には大学発球団「NPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALL」を創設し、2年でVリーグ入り、独立採算経営を成し遂げ、日本のバレーボールトップリーグに新しいスタイルを提唱。
小~大学生及び家庭婦人、一般及びVリーグチーム迄全てのカテゴリでの監督経験を経て、在任中後半には、スポーツを通じた人材育成に関する研究(ひとづくり)及びこれを通したエリア開発・活性(まちづくり)に関する教育・研究に専念。
産学連携型の共同研究や研究プロジェクトを多数手掛け、教育面では「スポーツ産業を活性化できる起業家的人材育成プログラム」を構想・実走し、研究面では新分野「スポーツ環境デザイン」を確立、学部領域を超えた横断的ユニットチームも構築。平成24年度大学体育優秀論文賞受賞(全国大学体育連合)。
2014年教職を退き、これまでの成果を社会還元する大学発ベンチャー「㈱Waisportsジャパン」を起業。スポーツを活用したコンテンツ事業(教育研修事業)とプロジェクトマネジメント事業(地方創生・エリア再開発事業)が専門事業。前者については、スポーツ競技種目の機能を活用した職能力開発研修の展開。

<主な受講企業>
ANAホールディングス㈱、㈱ルネサンス、エイベックス㈱、㈱山下PMC等。後者については、スポーツを活用したエリア開発、地域活性の展開。

<主な実績>
「クリケットタウン佐野創造プロジェクト」(内閣府・地方創生事業;佐野市)
「スポーツ環境デザインとプレイスメイキング」(内閣府・国交省地方再生事業;下妻市)
「北海道茨城県プロジェクト」(㈱北海道日本ハムファイターズ)
その他、猪苗代町、㈱電通、UR都市機構など。

導入・取引先様 ※一部抜粋

エイベックス株式会社、クロススポーツマーケティング株式会社、株式会社スポーツビズ、
ゼビオホールディングス株式会社、NPO法人Dance Association Seeds、株式会社電通、
独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)、株式会社北海道日本ハムファイターズ、株式会社プレイスメイキング研究所、
株式会社ルネサンス、三晃金属工業株式会社、医療法人仁泉会 みやぎ健診プラザ、医療法人幸信会、株式会社山下PMC、
BANBOOCLUB、株式会社サッポロライオン、ANAエアポートサービス株式会社、株式会社バルニバービ
全日本空輸株式会社、株式会社ジュピターテレコム、筑波大学、つくば市、下妻市、佐野市、茨城県、つくば市体育協会、
一般社団法人チアスピリット

パートナー

㈱R-body Project、㈱モルテン、NPO法人Dance Association Seeds、HOYLE㈱、関東鉄道㈱、
アスリートライフLLC、㈱茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

リンク