「文武両道場 -Self consulting & conditioning Program メンタル編」第3回開催

「文武両道場 -Self consulting & conditioning Program メンタル編」第3回の様子
「文武両道場 -Self consulting & conditioning Program メンタル編」第3回の様子

(株)山下PMCと共同開催で「文武両道場 -Self consulting & conditioning Program メンタル編」第3回を開講しました!

プログラムの目的は、
「改めて自分を知り、Re-set Re-Creationすること!」
目標は、
「自らの「生き様・生き方」に対する哲学・教訓を力強く弾き出すこと」
他者の「生き方」から自らを見つめなおし、新しい自分を発見する方法を自分なりに体得すること、です。

今回は プロダンサー、振付家であり、筑波大学の教員でもある平山素子さんをお招きして、 ご自身の専門であるコンテンポラリーダンスについてお話しいただきました。

冒頭、前回までとは異なり、3人1組で、「自分をカラダで表現する」ことからスタートした今回。
恥じらう方が多いかと思いきや、自分を表現するために、趣味や好きな事を目一杯カラダを使って表現する方も多く驚きました。
みなさん予想以上に上手でした!

平山さんのお話は、コンテンポラリーダンスをする中で「創造」する際に気を付けていることや、 「創造のために必要な精神面の柱」(飢餓感・屈辱感・孤高感)といった、 建築コンサルティング業務に携わる参加者のお仕事に通じることも多くありました。

せっかくなので、参加者からの「理性の声」「本能の声」を少し多めにご紹介します。
是非「想像」しながら読んでみてください!

「理性の声」(本日のキーワード)

  • 直感力を磨く
  • 自然
  • 仮設→分析→実行
  • 直感を捨てず意味と価値を築く
  • カタチなんていらない
  • 飢餓感・屈辱感・孤高感
  • 創造の難しさと面白さ
  • 右脳と左脳のサンドウィッチ構造
  • 広がったアイディアをそぎ落とし絞り込む
  • 無形からの価値形成、根源的と先端的の共存を目指す
  • 知っているということはこわいこと
  • ちょいずれ(数年後のストライクを信じる)
  • 何か欠けていることが次への原動力
  • 最後に決めるのは自分だ
  • 直感は裏切らない
  • カラダが整えば心が整う
  • 苦しみを乗り越えるには休まない

「本能の声」(思うがままに!)

  • 自分を奮い立たせる言葉は自分で探す!
  • なぜわからなかったのか、なぜつまらなかったのか、それと向き合い理解することで創造を生み出す
  • コンテンポラリーダンスとコンサルは類似性があるのではないか。
  • 表現形式に制約を持たず、テーマに対する自分なりの考えを自由に表現する点である
  • 最近、自分の本能の声を十分に聞けていない気がした
  • 初めて対面した人に対しては直感を重視している。人に対してだけでなく、他方面において直感を大切にしてみるのも1つのチャレンジになると思った
  • 直感を信じ、創造した物に後から意味と価値をインプットする、その為にはとことんリサーチする、そして絞り込む。今の自分にはとても大事だ。リマインド!

山下PMC社との今回の取り組みはこの3回目で一旦区切りとなります。
今後もおもしろい活動を模索・実践していきますので乞うご期待!


このプログラムに興味を持たれた方、是非お問い合わせください!

松田裕雄について知る

Waisportsジャパン代表取締役の松田裕雄について、これまでの活動や思想の一端がわかるリンクをまとめました。
(最終更新:2022年1月26日)

  • Sportsnavi 地域活性化のために「スポーツ」は必要かー事例から考えるエリア価値の高め方
    (2017年12月26日配信)
    エリアの価値を高めるとはどういうことなのか、スポーツによる地域活性化の国内外の成功例、失敗例を分析する中で見えてくる「計画的一体型」の重要性など、Waisportsジャパンが取り組むスポーツマネジメントとまちづくりにご関心のある皆様に、ぜひご一読いただきたい内容。「みなとスポーツフォーラム 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向けて」における松田の講演内容がまとめられています。
  • J:COM いばらき人図鑑 第3回
    (2017年9月18日)
    文武両道場から北海道日本ハムファイターズとの共鳴、まちづくりに対する考え方、茨城県南西エリアでの価値創造への挑戦まで、Waisportsジャパンとしての活動の裏にある理念を語らせていただきました。
松田裕雄

文武両道場がITメディアビジネスオンラインに取り上げられました。

2019年7月から20年2月まで行われた第4期の文武両道場(Dual Challenge Program)について、ITメディアビジネスオンラインにて取り上げていただきました。


ITメディアビジネスオンラインでは、前編後編にわたりプログラムの詳細をレポート。前編では本道場をマネージャークラスに対する選抜研修のような形で活用していると話すANAの人事責任者國分さんのお話や、参加する高校生・大学生側の取り組み方についても取材していただきました。

さらに後編では、本道場を採用するに至った背景にある人財育成における問題意識、ダイバーシティ&インクルージョンや働き方改革に至るまで、現在の人事担当者が直面している課題との関係について、ANA常務であり人事責任者の國分さんにさらに深掘りして話していただいています。

以下のリンクより是非ご覧ください。

ITメディアビジネスオンライン

人気の強制「修羅場」道場に密着【前編】:ANA社員が「女子高生バレーチーム」の監督に!? 謎の人材育成プログラム「文武両道場」に潜入 (2019年10月24日掲載)

人気の強制「修羅場」道場に密着【後編】:ANA常務に聞く人材育成競争の“死角”とは――「ダイバーシティを目的化しない」 (2019年10月30日掲載)

文武両道場に参加した元プロ野球選手荒井修光さんのインタビューがGATHERに掲載されました


2019年7月から20年2月まで行われた第4期の文武両道場(Dual Challenge Program)に、ANA職員とともに参加された元プロ野球選手、荒井修光さん(1995年ドラフト2位で日本ハムファイターズ(※現・北海道日本ハムファイターズ)に入団し、2003年に現役を引退)へのインタビュー記事が Sports Japan GATHERに掲載されました。

プロ野球引退後に球団職員として働くことになった荒井さんが持っていた管理職としての迷いに対する気づきや、元プロ野球選手という肩書に対するマインドの変化など、本道場での経験を通じて得たものについて話されています。

*荒井さんの言葉*
「過去の経験の積み重ねが今の自分自身」「“元プロ野球選手”の肩書を武器に仕事をするのが嫌だった。過去を振り返る事は好きではなかった、、、けど…文武両道場でそれが“大切”だという事を身にしみて感じた。」


Sports Japan GATHER

【プロ野球選手からサラリーマンへ】 元日本ハムファイターズの荒井修光さんが人材プログラム『文武両道場』を通して”得たこと”とは? (2020年4月15日掲載)

バレーボールのマネジメント側面を活用した管理職研修プログラム、文武両道場については、ITメディアビジネスオンラインに詳細な取材記事を掲載していただきました。こちらの投稿を合わせてご覧ください。